9月1日 日高総合病院70周年記念事業

 御坊市薗の国保日高総合病院は開設70周年の1日から、名称を新しく「ひだか病院」に変更する。1949年の開設以来70年。地域に親しまれ、信頼される病院、さらに高度で専門性の高い病院への進化を目指す。当日午前10時から改名看板の除幕式と地域ふれあいフェスタを開く。

 同病院は1949年9月1日、国保日高病院として御坊市外11ケ村国民健康保険・伝染病院事務組合によって開設。79年1月に国保日高総合病院に改称された。89年、御坊市外3ケ町国民健康保険・伝染病院事務組合から御坊市外7ケ町村病院経営事務組合に組織改正され、国保事業実施に伴う直営診療施設ではなくなり、また、11年度末で国民健康保険法の規定によって保険施設終了となり、「国保」の名称存続を検討してきた。

 除幕式は正面玄関前で行われる。地域ふれあいフェスタは開設記念日に合わせて開いており、8回目。今年は70周年として診療管理棟で催しがあり、3階の講堂では午前10時半から御坊少年少女合唱団ミニコンサート、11時半からバンド演奏(姫風フォークコンサート)、午後1時半からいきいき健康講座として落語家の桂枝曾丸さんが和歌山弁落語や上方落語を披露する。

 1階ではリハビリやキッズ、白衣体験、綿菓子・かき氷、相談窓口、お薬相談、災害派遣医療チーム「DMAT」、精神科関連事業所から出品の展示・販売、精神科外来の各コーナーがオープン。キーワードを完成させると景品がもらえる院内体験ラリーもある。2階で健康・メタボチェック、ABI(血管年齢)測定、骨密度、アタッチメントケア、認定看護師の各ブースを用意。入場無料、多くの来場を呼びかけている。

 また、駐車場ではフリーマーケットを開催。28日まで出店者を募集している。出店資格は18歳以上、無料。申し込みや詳しくは同病院ホームページ、問い合わせは同病院(℡0738―22―1111)看護部長室の西山さん。

写真=1949年の国保日高病院開設時に病院正面玄関前で医師や看護師、組合関係者ら(当時の病院正面玄関は現在の病院東の商店街に面していた)

関連記事

フォトニュース

  1. けっこう体力使います

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る