8月31日は「野菜の日」

 子どもの頃は極端な野菜嫌いで、肉と卵と果物ぐらいしか食べるものがなかった。よく無事に大きくなれたものだ。今は、旬の野菜ほどおいしいものはないと思う。きょう8月31日は「野菜の日」だ◆スーパー等で、必ず入り口付近に野菜が置かれているのは、季節感たっぷりで色とりどりの青果類が入り口にあると華やぐからだという。「野菜を食べることは、色素を食べること」と何かの講演で聴いた。色素が栄養そのものであるらしい◆カボチャやニンジンのカロテノイド系色素は強い抗酸化作用があり、老化防止、がん・動脈硬化予防に効果を発揮。トマトやスイカのリコピン、みかんのβクリプトキサンチンもこの仲間。ほうれん草やブロッコリーの鮮やかな緑はクロロフィル(葉緑素)。抗酸化作用のほか、貧血予防や整腸効果もある。目にいいことで知られるブルーベリーやナス、紫キャベツ等のアントシアニン。ポリフェノールの一種で、がんや高血圧など生活習慣病の予防に役立つ。タマネギや大根、白菜、カリフラワーなど白い野菜にも色素はあり、フラボノイドという。これもポリフェノールの一種で抗酸化作用があり、血管を丈夫にする◆昔、家族でドライブした時、トンネルをくぐる拍子に母の耳が詰まり、突発性難聴になってしまった。病院に行くと「心配いらないから、気にせずに新鮮な野菜や果物をたくさん食べていれば治る」と言ってもらい、実際それで治ってしまったのだから、母は「新鮮な野菜」の薬効を絶対的に信用している◆果物王国和歌山は、さまざまな野菜の産地でもある。日高地方にもウスイエンドウ、ミニトマト、キュウリとおいしいものがたくさんある。色とりどりの食卓にすれば自然と栄養もとれる。野菜を楽しめる大人になれてよかった。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. 来年もまた元気で会いましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る