5年目のおんぱく閉幕

 日高地方全域で行われた地域活性化イベント、御坊日高博覧会(おんぱく)は18日、すべてのプログラムが終了。43日間におよぶロングランイベントが幕を閉じた。5年目となったことしも新規企画がたくさんあり、参加者は地域の魅力を再発見したほか、プログラムを提供するパートナーの輪もさらに広まるなど、地元を愛する人のつながりが深まった43日間となった。

 七夕の7月7日に開幕。初めて行われた前夜祭は和歌山南陵高校でゲーム大会などがあり、熱気そのままに翌日の本番に突入した。オープニングイベントは美浜町吉原の松てるわ広場で開かれ、書道パフォーマンスで華やかに幕開け。屋台村は多くの人でにぎわい、松林で行われた子ども剣道クラブのユニークな野試合は大いに盛り上がった。

 45のプログラムは、天候の影響で内容を一部変更したケースもあったが、ほかはほぼ予定通り開催。4期生となった高校生おんぱく部主催のハーバリウム作り体験も好評で、小学生ら多くの子どもたちが楽しそうにチャレンジしていた。期間中に限定料理を楽しめる御博レストランは13店舗が提供し、人気を集めた。エンディングイベントは行わず、最終日はコーヒーの楽しみ方講座などが行われた。

 参加人数など詳細な分析データは、9月1日に開かれる報告会で発表される。谷口光実行委員長は「集計はまだですが、予約段階では満員御礼のプログラムもたくさんあり、今回も好評だったといえると思います。新しいプログラムが多く、新しいパートナーも加わっていただき、地域活性化の輪が一段と広まったのが大きな成果の一つ。おんぱくの一環ではないですが、誰でも気軽に参加できるまちトークや伊勢屋ガレージは継続して、人の集まる場を提供していくので、多くの人に来てほしい」と話した。

写真=好評だった高校生おんぱく部のハーバリウム作り体験

関連記事

フォトニュース

  1. 先輩、ありがとうございます!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る