高校生フォーラム 日高の女子2人も大きな収穫

県内外やアジア・オセアニアの高校生が世界共通の課題について意見交換する県の第5回アジア・オセアニア高校生フォーラムの全体会が31日、県民文化会館で開かれ、日高高校から3年生の薮本佳奈さんと2年生の小串楓子さんが参加。発表と司会でそれぞれの役割をしっかり果たし、フォーラム成功に大きく貢献した。

フォーラムには20カ国・地域の20人、県内から20人、県外から5人の合計45人の高校生が参加。津波・防災対策、環境問題、観光・文化、教育、食糧問題の5つのテーマで意見交換。フォーラム中はすべて英語を使用。日程は27日から31日までの5日間で、全体会のほか分科会や高野山ツアーなどがあり、その間、国内と海外の生徒がペアになって宿泊した。

薮本さんは、教育テーマの発表者として参加。全体会では来場者とディスカッションする場面があり、コミュニケーション能力やリーダーシップ力などソフトスキル教育の必要性については、海外の教諭が、「教諭の負担はどうするのか」などと質問。薮本さんが「教諭の数を増やすべき」と主張すると、集まった国内外の教諭らから拍手と歓声が送られ、会場は大いに盛り上がった。

薮本さんは「世界的に賛同を得られたみたいでうれしかった」と笑顔。「同じ教育というテーマに高い関心のある人たちと意見交換できる有意義な期間だった。将来、小学校の教諭を目指していますが、今回のフォーラムで今後、大学で何を学ぶべきかがはっきりしました」と成果を話していた。

小串さんは観光・文化テーマの司会として参加。フェアトレードやオーバーツーリズム、日本の花を生かしたイベントなど、分科会で話し合ってきた意見をわかりやすくまとめ、来場者に発表した。

「無事役割を果たすことができてよかったです。来場者からの質疑応答で、発言できなかったことが悔やまれます」。海外の生徒との宿泊については「3泊のうち、最初の2泊は恥ずかしくてほとんど話ができませんでしたが、最後の夜に話しかけたら、すっかり打ち解けて遅くまで話ができたのがうれしかった。英語で話しかけられる勇気が得られました」と笑顔を見せていた。

 

写真=笑顔で発言する薮本さん㊥上と、司会として発表する小串さん㊧

関連記事

フォトニュース

  1. 南部高の調理実習室で

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る