風物詩と恒例行事のマンネリ化

 今週末、日本テレビのチャリティー番組「24時間テレビ」が放送される。毎年この時期恒例で、事前のコマーシャルを見かけるようになると、日中の暑さはまだまだ厳しいが、そう言えば日が暮れるのが早くなったなと夏の終わりを感じさせる。

 24時間テレビと言えば、番組の間中走るマラソンが話題になるが、始まったのは27年前。初代は間寛平で、毎年いろいろな芸能人が挑戦し、昨年はお笑い芸人のみやぞん(ANZEN漫才)がトライアスロンに挑戦した。自転車人気が高まって、トライアスロン人口が増えているからか、それともマンネリの解消かと思ったのを覚えている。今年は、いとうあさこ、ガンバレルーヤよしこ、ハリセンボン近藤春菜の女芸人3人と当日発表される4人目のランナーが駅伝形式で完走を目指すという。挑戦する人は辛い練習を重ねて本番を迎えるだろうが、なんとなく「『すごいことへの挑戦』という感じがしないなぁ」と気楽ないち視聴者の立場から思った。が突然、今まで筆者が参加した大会で断トツに苦しかったマラソンを思い出した。24時間リレーマラソンだ。ランニング仲間9人で、1・3㌔の周回コースを交代でひたすら走った。最初はお祭り騒ぎで楽しかったが、真夏の暑さのなか、食事も喉を通らず、会場周辺に張ったテントでの仮眠もうまくとれずに本当に辛くて、仲間内では数年経っても未だに話題に上るほど。それを思うと、24時間テレビランナーもさぞ苦しいだろうと思えてきた。

 本紙でも恒例行事や風物詩を掲載することがよくあるが、毎回そこには違ったドラマや続けることの意義、参加者の思いがある。そのことを念頭に置いて取材し、読者がマンネリだと感じない記事を書きたいものだ。(陽)

関連記事

フォトニュース

  1. これからも人権意識をもって成長を

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る