陸自サマーフェスタにぎわう

 美浜町和田、陸上自衛隊和歌山駐屯地(荒木憲司令)の夏祭り「サマーフェスタ2019in和歌山駐屯地」が8日、同駐屯地で開催され、多くの来場者で大にぎわいだった。

 災害派遣などで2年連続中止となり、3年ぶりの開催。待ちわびた親子連れら多くの地域住民が訪れた。水際地雷敷設車からまく餅まきには大人も子どもも熱狂し、クレーン車でぶら下げた提灯が灯されたやぐらの回りでは盆踊りが行われ、まつりん&ぼっくりんと子どもたちが一緒に踊って楽しんでいた。

 昨年春、南部中学校を卒業後、難関を突破し神奈川県横須賀市にある陸上自衛隊高等工科学校に進んだ湯川遥翔(はると)君(16)も夏休みを利用して訪れ、餅をまく方に参加。同校は自衛隊で唯一の高校で荒木司令も卒業生。高校の勉強と防衛基礎学など自衛官としての基礎を学ぶ全寮制の学校。

 湯川君は「入学当初は、秒刻みと言える規律正しい生活に慣れるのが大変でした。卒業生や隊員の方を見習って、立派な自衛官になれるよう頑張ります。サマーフェスタは、大勢の地域の人が楽しんでいるので、日ごろから駐屯地の活動が認められているんだと感じました」と話していた。

写真=まつりんと一緒に盆踊りを踊る子どもたち

関連記事

フォトニュース

  1. 数に限りはありますが

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る