避難の最善尽くせ

 真夜中に激しく屋根を打ち付ける雨音、日高川のうなり、けたたましく鳴り響くダム放流のサイレン。2011年9月、台風12号の豪雨に伴う紀伊半島大水害がよみがえる。当時、日高川町皆瀬地内にある筆者の自宅は2階近くまで水没。家族はみんな避難して無事だったが、二度とごめんだ。それでも自然の脅威は容赦ない。昨年8月の台風20号では日高川の氾濫はなかったが、再び真夜中に高台に避難。日高地方は大規模停電にも見舞われた。

 そして今回、お盆に西日本を縦断した台風10号の豪雨。日高川町では、午後11時35分に避難勧告が発令。両親は川向かいの川原河小学校に避難したが、筆者は正直うんざり。眠い目をこすりながら、椿山ダムの放流量のデータや水位のライブカメラの映像をスマホでチェック。放流量は午後11時過ぎには1500㌧を記録。翌日午前3時からは1700㌧を超えてきた。紀伊半島大水害の時は最大3000㌧を放流し、一時4000㌧にもなったので、今回はまだ余裕があるように思えた。雨雲レーダーも、数時間で雨がやむ予報。恐怖を感じながらも自宅で待機を決断し、眠れぬ夜を過ごした。

 結果的に皆瀬地内で日高川の氾濫はなかったが、近年の災害は想定を上回る。東日本大震災の「釜石の奇跡」(岩手県)のように、想定にとらわらず、常に最善を尽くすことが求められる。そう考えると、今回の筆者の自宅待機は決して最善を尽くしていたとは言い難い。もし自宅の裏山で土砂災害が発生していたら、万が一、ダムや河川の堤防が決壊していたら…。ありえない災害が起きる昨今。自戒しつつ、次の大雨に備えたい。(吉)

関連記事

フォトニュース

  1. でっかいオモチャみたい?

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る