近畿高校軟式野球 南部が5年ぶり優勝

 近畿4府県の代表チームが争った第64回全国高校軟式野球選手権近畿大会の決勝戦が6日、奈良県橿原市の佐藤薬品スタジアムで行われ、和歌山県代表の南部が天理(奈良)を2―0で下して優勝。5年ぶり3度目の全国大会(24日から兵庫県)出場切符を手にした。南部はエース宮本楓が再三のピンチを切り抜け完封。バックも失策ゼロの堅守で盛り立て、勝利を呼び込んだ。

▽決勝
南部
000000002 2
000000000 0
天理
 

 昨年の近畿大会決勝で天理に1―2で惜敗しており、雪辱を果たした。

 南部は初回に2死二、三塁、4回には山根、坂内の連続安打で2死一、三塁、8回にも山本の右翼越え2塁打と犠打で1死三塁と絶好機をつくりながら、あと一本が出ず0行進。打線の援護がない中も、エース宮本はキレのあるストレートとカーブ、チェンジアップを駆使した投球術を披露。3回の2死満塁のピンチは四番を一飛、5回は1死三塁から2者を簡単に打ち取った。6、7、8回は三者凡退でリズムよく最終回の攻撃にいい流れをつくると、先頭の山根が中前打で出塁。敵失と暴投で2死二、三塁とすると、宮本矩の内野ゴロが敵失を誘い、2者が生還。ついに均衡を破った。2点のリードをもらった宮本は最終回も3人でピシャリと締めた。

 宮本、坂本のバッテーリーは昨年の近畿大会でもコンビを組んでおり、対する天理バッテリーも昨年と同じ。試合後は互いの健闘をたたえ合う姿もあった。

 山本真生主将は「準決勝、決勝とも、苦しい場面も笑顔で野球ができ、ベンチの雰囲気もよかった。優勝できて最高です」と笑顔をみせ、「全国制覇が目標ですが、一つずつ勝ち進めるよう足りないところを高めていきたい」と気を引き締めた。池田哲也監督は「バッテリーを中心に守備からしっかりとリズムを作れた。全国大会で頂点を取れる力を持っていると思うので、万全の態勢で臨みたい」と話した。全国大会は16チームがトーナメントで争う。

 南部のメンバーは次の皆さん。

 池田哲也(監督)、古川鈴、永井理瞳(以上マネジャー)、宮本楓基、坂本隆飛、磯本蓮樹、山根啓登、宮本矩琉、山本真生、貫尾壮汰、小山由基、岩本大輝、坂内佑磨、中川祥吾、前田雄史、新田紳一郎、小山潤成、森山颯大

関連記事

フォトニュース

  1. 揺れる火に思いを込めて

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  ホラー、怪談、恐怖小説、怪奇小説、スリラーなどいろいろ類語はありますが、私はやっぱり日本古来の怪談…
  2.  代表作の「青の炎」や「悪の教典」で今や誰もが知っている人気のホラー作家貴志祐介。デビューから1年目…
  3.  ひとりかくれんぼとは、もともと関西・四国地方において、「コックリさん」と共によく知られる遊びであっ…
  4.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  5.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
ページ上部へ戻る