自然を甘く見ず、危険を認識

 夏休みもあと1週間程度となったが、ことしの夏も各地で水難事故が相次いだ。当地方では8月1日に日高川で川遊びしていた紀の川市の男性(27)が溺れて死亡する事故が発生。全国的には10日から盆の期間にかけて頻繁に起こったのが特徴といえる。連休で海や川に出かける機会が多くなった時期だが、台風10号が日本列島に接近。普段より波が高くなり、海で溺れる事故が多発した。しかし、そのほとんどが危険に対する認識があれば防げたのではなかろうか。

 昔から「盆は海や川で泳ぐと、霊に足を引っ張られる」と言われた。「海や川で亡くなった霊が戻ってきて、生きている人が泳いでいると、あの世に一緒に連れて行こうとする」と理由を聞かされた。しかし、ネットなどで調べてみると、ただの迷信だけではないようだ。

 この時期、台風が発生しやすく、うねりが起こり、大きな波の土用波が発生しやすくなる。他にも波打ち際から沖合に向かって速いスピードで流れる離岸流が起こることがある。離岸流に流されると、水泳選手でも岸にたどり着くことはできないという。昔の人たちはこうした危険要因を経験から感じ取り、「盆は海や川に近づくな」という言い伝えとして、いまに受け継がれているのだろう。

 海水浴に限らず、アウトドアを楽しむ時は自然を甘く見ず、危険をきちんと認識することが大切。何よりも人間は自然の力の前には無力であることを自覚し、危ないと思う場所から立ち去ることが肝心だ。それはこれから秋にかけて襲来が懸念される台風についても同じこと。早い避難が身を守ることにつながる。(雄)

関連記事

フォトニュース

  1. 由良のミカンも使ってます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る