美しく楽しい夏を

 子どもたちにとって待ちに待った夏休みが始まり、本格的な夏のレジャーシーズンが到来した。例年と比べて3日、昨年より15日遅れて梅雨も明け、本紙記事でも、日高町の産湯海水浴場もにぎわっているよう。そんな夏休みになると毎年、地元日高川町の日高川にも多くのレジャー客が訪れる。近隣住民の姿もあるが、止まっている車の多くは「和歌山」以外のナンバー。日高川では遊泳のほかバーベキューを楽しむ人をよく見かけるが、ごみが残されていることもしばしば。多くの人が遊びに来てくれるのはありがたいが、違法な駐車やごみの投棄はやめてもらいたい。

 テレビのバラエティー番組で、静岡県下田市の爪木崎(つめきざき)海岸で、海水浴場でのタトゥー(入れ墨)の露出や大音量の音楽の規制が行われると紹介されていた。海水浴場のタトゥーや音楽の規制を巡っては、風紀の乱れや騒音の苦情が増えたため、神奈川県逗子市が禁止条例を制定。下田市は、その影響を受けているとのことだった。一方、当の逗子市では、規制直後は海水浴客が大幅に減ったが、その後、家族連れらが増えて規制前の水準にほぼ戻っているという。

 和歌山県が誇る白浜町の白良浜も2008年7月から、禁煙・ごみポイ捨て禁止ビーチになっている。ペットの持ち込み、キャンプやバーベキュー、午後11時以降の花火も禁止。それでも多くの人が訪れ、逆にそれだからという理由が人気の一つかもしれない。同町ホームページには「『白良浜でタバコを吸いたい』『白良浜にごみを捨てる』といった目的で来る人は決していないと思います」。その通りだと思う。自分(たち)がよければいいなんてありえない。子どもも大人もマナーを守り、美しく楽しい夏にしよう。(笑)

関連記事

フォトニュース

  1. 久しぶりにわいわいやってます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る