笑いがもたらす大きな力

 女子ゴルフの今季メジャー最終戦「AIG全英女子オープン」で優勝した渋野日向子選手。素晴らしいショットを連発し、20歳の若さで勝利をつかんだ。日本人では樋口久子さん以来42年ぶりの快挙。プレー以外でもカメラを意識しながら駄菓子を頬張る姿も愛嬌たっぷりだ。満面の笑顔で手を振る姿もファンらに好感を与え、メディアからは「笑顔のシンデレラ」などと称された▼笑うことはストレスを緩和させる効果があるという。世界の舞台で戦う選手たちにとっては極度の緊張を感じることもあるだろう。そんな状況の中でもベストを尽くさなければ勝ち切ること難しい。ゴルフのことはまったく知らない筆者だが、渋野さんの笑顔には、緊張感を適度に調整し、自分の力を出しやすい環境を整えることにもつながっているのではないだろうか▼「笑いは百薬の長」「笑いに勝る薬なし」などの諺もあるように健康にもいい。人間の体な中では絶えず、がん細胞がつくられているそうだが、笑うことでがん細胞をやっつけてくれるNK(ナチュラルキラー)細胞が活性化し、体の免疫を高めるという。ほかに、糖尿尿にも効果があるそうだ。不安や恐怖、悲しみ、痛みなどのストレスがあると、血糖値が上がりやすくなるが、笑うと血糖値が低下することも分かっているという▼複雑化する現代社会はストレスの社会とも言われている。それだけに笑顔の重要性がますます大きくなっているのかもしれない。笑う門には福が来たる。「あまり面白いことがない」「笑うことが少ない」という読者もおられるかもしれないが、無理してでも笑顔をつくることをお勧めしたい。(雄)

関連記事

フォトニュース

  1. おにぎりはやっぱり梅!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る