県立医大附属病院 9月1日から膵がんセンター開設

 県立医科大学は28日、同大学附属病院に9月1日付で膵臓がんに特化した治療・相談施設「膵がんセンター」を開設すると発表した。和歌山県は膵臓がんによる死亡率が全国で3番目に高く、これを抑えることを第一に、消化器内科・外科、放射線科、病理診断科など異なる専門分野の医師が連携して診断、治療に対応。全国の大学病院としては初の膵がん専門のセンターとなり、患者の家族や住民からの相談ホットライン機能も併せ持つ。

 膵臓がんは早期発見が難しく、現在でも患者の60~70%は診断時に血管への浸潤や遠隔転移がみられ、切除不能というケースが少なくない。2017年のデータでは、日本人のがんの部位別死亡数は大腸、肺、胃に次いで4番目に多く、和歌山県は北海道、富山県に次いで全国で3番目に死亡率が高い。

 和歌山県立医科大附属病院は年間平均100件、週2件のペースで膵がん切除手術を行っており、その治療・研究実績は西日本で2番目、全国でもトップレベルを誇る。今回の膵がんセンターは、消化器内科と消化器外科をはじめ、糖尿病内科、放射線科、リハビリテーション科、がん遺伝子検査外来、病理診断科などが連携して診断・治療にあたり、看護部と患者支援センターなどが相談・情報提供窓口となり、臨床研究センターや消化器内・外科、公衆衛生学講座、病理診断科などが基礎・臨床・疫学研究を行う。

 センターは膵がんの早期診断、手術治療、広報活動等のほか、新たな治療法の開発にも力を入れる。現在、取り組んでいる標準療法不応膵がんに対する樹状細胞ワクチン開発に向け、引き続き治験等を進めていく。

 病院長も務める山上裕機外科学第二講座教授は、「地域医療は各医療圏で完結するのが理想だが、治療も診断も難しい疾患はしかるべき施設に集約して対応しなければならない。その意味で膵がんはまさにその対象となる疾患であり、県立医大病院が和歌山県と泉南地域のその機能を担うべき施設となる。センターの最終目標は膵がんの克服にあるが、まずは死亡率を平均値にまで下げることを目標としたい」と述べた。

写真=膵がんセンター開設の意義を語る山上院長㊥と北野雅之消化器内科教授㊨、川井学消化器外科准教授(県立医科大附属病院で)

関連記事

フォトニュース

  1. がんばりまっしょい!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る