由良の興国寺で伝統の火祭り

 由良町門前の臨済宗鷲峰山興国寺(山川宗玄住職)で16日夜、鎌倉時代の開山以来約750年間続く精霊送りの伝統行事、灯籠(とうろう)焼きが行われ、大勢の見物人でにぎわった。近くの無常堂の広場では、青年が重さ150㌔もある土俑(どよう)と呼ばれるたいまつを担ぎ上げて勇壮な姿を見せた。

 「火祭り」とも呼ばれる盂蘭(うら)盆の行事。先祖を鎮魂する意味を持つほか、豊作祈願や成人儀礼としても行われている。1960年に県指定無形民俗文化財に指定。毎年15日に催されているが、今年は台風10号の接近で順延となった。

 午後9時に開始され、境内には檀家が持ち寄った灯籠約50個が集まった。法堂(本堂)を3周する法要が行われたあと、約300㍍離れた無常堂に移動。虚無僧を先頭に灯籠の幻想的な灯りの列ができた。

 到着後、腰巻を付けた地元の小中学生9人が六斎念仏衆の「エーナーアームーアミーダーアーンブ」という念仏に合わせて「たいまつ踊り」を披露した。土俑担ぎは門前地区の4班から若者が1人ずつ登場し、シダで作られた長さ4・2㍍、重さ約150㌔もある土俑を1人で担ぎ上げて周辺を3周した。

 最初に担ぎ上げた伊賀田班の会社員、溝口哲也さん(45)は「2年連続の挑戦。昨年は1周半で土俑を落としてしまったが、今年は無事3周できてほっとしています」と汗だくの顔で話していた。

 最後に檀家が持ち寄った灯籠を焼き、手を合わせて祈りを捧げた。

写真=両端に火のついた約150㌔の土俑を担ぎ上げる男性

関連記事

フォトニュース

  1. ありがとうございま~す!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る