由良で戦争体験と平和語り継ぐ会

 由良町の九条の会ゆら(池本護代表)が4日、中央公民館で第15回戦争体験と平和への思いを語り継ぐ会を開き、美浜町の三宝寺住職湯川逸紀さん(68)が、20歳で戦病死した叔父の家族の悲しみを語った。 

 湯川さんの叔父の山根明さんは1924年(大正13)11月21日、京都市に生まれ、第三高等学校(現京都大学教養部)を卒業して44年(昭和19)10月、東京帝国大学文学部に入学した。同年12月、学徒出陣で入営し、45年7月8日、中国湖南省長沙の病院で栄養失調のため死去。公報は翌年5月になって両親に届いたという。

 湯川さんは「20歳で戦没した叔父への思い」と題し、母親(山根さんの姉)の華子さんの手記を紹介。「父は、明は必ず帰ってくると、何の保証もありませんのにそう決め込んで、再会を信じきっていました」という書き出しで、「死んでいましたという知らせを受け、父は『明よう、明よう…』とうつろな目に涙をいっぱいためてつぶやき続けるのです。来る日も来る日も、まだ明けやらぬうちから父は雨戸を開けて、『明ぁ、明ぁ!』となりふりかまわず叫びまわるのです」などと綴られていた。

 湯川さんは最後に戦争で若い尊い命が奪われたことについて、「大きな権力によって人の命が左右されてはいけない」と訴えた。会場には山根さんが描いた絵画などの遺品も展示された。

 このほか、女性コーラスグループが「あの子はたあれ」「見上げてごらん夜の星を」などを合唱、地元の朗読グループも絵本「ばらの祈り~死の灰を越えて~」を群読した。 

写真=叔父の山根明さんへの思いを語る湯川さん

関連記事

フォトニュース

  1. あ、い、う、え、お

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る