楽しむのがスポーツ

 みなべ町はスポーツが盛んなまちだ。子どもたちのスポーツチームを思い浮かべてみても、野球、サッカー、バレーボール、陸上、テニス、卓球などのほか、日高地方のほかの地域にはあまりないボルダリングやクライミング、少林寺拳法、キックベースボール(拠点は田辺市)とジャンルが幅広い。大人も盛んで、ランニング教室、梅の里トレイルランなどスポーツに親しみやすい環境があり、草野球大会をすれば町内だけで15チーム前後が集まり、高城や清川地区では野球やソフトボール等も行われる。健康で、町の医療費が他市町に比べて安いのは、梅の効能とスポーツのおかげも大きいのではないだろうか。

 単にスポーツに親しむだけでなく、町とスポーツ・健康に関する協定を締結している日本体育大学に中学生を派遣する交流事業も行われており、今年度も夏休みに男女17人が参加した。多くのオリンピック金メダリストを輩出している名門で実際の競技だけでなく、けが予防のストレッチやトレーニング、講義などで見識を深めた。トップアスリートとの触れ合いは、ネットでいくら検索しても分からない雰囲気、息遣いを間近に感じられ、貴重な経験、刺激になったことだろう。

 生徒の感想文には「体幹トレーニングがなぜ大切か分かった」「スポーツをするための体づくりを学べた」とトレーニングの基本的な意味合いから、「協力、練習、楽しさ、人を助けるの4つのことを学べた」「チームワークや考えることの大切さが分かった」などスポーツの奥深さを感じた意見があった。何より共通したのは「スポーツを楽しむ」こと。やっぱりそうでなくては。楽しめる環境と指導が大切だ。(片)

関連記事

フォトニュース

  1. 玉に全集中してな

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る