日高地方7市町 防災対策の情報を共有

 日高川町小熊の防災センターで29日、日高地方各自治体の防災対策に関する情報交換会が開かれた。7市町の防災担当者ら25人が集まり、とくに昨年9月、日高地方にも甚大な被害を及ぼした台風21号についてはそれぞれ得た教訓や実際に行った対応、今後の対応策を出し合って情報を共有。停電対策、がれきの処理法、土のうやブルーシート備蓄量など他の自治体の状況を詳しく学び、間もなく迎える台風シーズン本番の備えへ参考にした。

 日高地方1市6町は2016年8月10日に「災害時における応急対策活動の相互応援に関する協定」を締結。以来毎年1回、防災担当者が集まって情報交換会を開いている。

 4回目の今年はとくに、昨年の「大型台風対策における課題」と「今後の対応策」をテーマに取り上げ、7市町が順番に意見を発表。ほとんどの市町で苦労した停電問題ではその後の対策として「自主防災会への資機材(発電機)整備補助で対応」(印南町)、「避難所に可搬型発電機を配備」(由良町)、「ガス式発電機を購入」(みなべ町)などの意見があり、がれきの処理法では「(役場敷地内に)コンテナを置いて対応したが、今後は町内の産業廃棄物の業者と提携して、業者の方へ持っていってもらうようにしたい」(日高町)との新しい方針も示された。暴風で家屋の屋根の被害が多発したことについては「住民の方がブルーシートを押さえるための土のうをたくさん取りに来た。1200個を配布したので、いまはストックとして1500個用意している」(御坊市)、「ブルーシートは昨年くらいの被害に対応できる数量を確保している」(美浜町)などの声が上がり、その他、停電の長期化では「配食サービスを行った」(日高川町)との対応も紹介された。

 1年前は各市町にばらつきが出たがれき処理の対策を取り上げる担当者もおり、「いい方法を見つけて、足並みをそろえてやれたらと思う」と連携強化の要望があった。

 この日は防災センターの見学、協定書の再確認、高知県推奨の防災物品紹介、各市町の備蓄物品の保管状況確認なども行われ、万一の時に備えた。

写真=日高川町防災センターで備蓄倉庫を見学

関連記事

フォトニュース

  1. けっこう体力使います

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. いなみまめダムマラソン

    11月 3 @ 8:00 AM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る