戦争、平和とは何か

 「おかっぱの 頭(づ)から流るる 血しぶきに 妹抱きて 母は阿修羅に」。6日に74回目の原爆忌を迎えた広島で行われた平和記念式典で、平和宣言に引用された短歌である。詠んだのは当時5歳だった女性。広島市内の自宅玄関先で学校に行く姉を見送った直後に原爆が落ち、立ち尽くしていると、母がガラス片が頭に刺さった当時3歳の妹を抱きかかえて家から飛び出してきた。鬼気迫る母の表情に息をのんだと、詠んだ心情が大手新聞に掲載されていた。

 その女性はほかにも「どぶ川に 人人人が 流れゆく 言葉にならぬ 言葉を発して」などを詠んでおり、原爆の恐ろしさが伝わってくる。子どもたちには、なかなか想像できないかもしれない。筆者も戦争を知らない世代であるが、広島の平和記念資料館を見学した人ならこれらの歌に詠まれた当時の惨状が伝わるだろう。日本人として一度は訪ねてもらいたい場所である。

 本紙ではことし、6日付から戦争体験者の連載「終わらざる夏」が始まった。終戦から74年、体験者は少なくなる一方で、現役兵士として外地に赴き、生きて帰ってきた人は日本全国でも数少なくなっている。リアルな体験談を、当時の惨状を伝え、次の世代に継承していくのは地方新聞の大きな役目の一つ。ぜひ子どもたちにも読んでもらいたい。

 いまの日本は平和である。74年前まで戦争をしていたといわれてもピンとこないほどに。だからこそ、戦争でどのようなことが起こっていたのか知ることが大事で、知ろうと思うことが第一歩。本紙連載がそのきっかけになれば。平和とは一体何なのか、8月15日を前に皆が少しでも考えるだけで、また一歩平和に近づくだろう。(片)

関連記事

フォトニュース

  1. 町長さん、わざわざありがとうございます

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る