国体成年女子バレー 芝田、石川選手が県代表入り

 9月28日開幕のいきいき茨城ゆめ国体を目指す成年女子バレーボールの和歌山チームは、今年もVプレミアリーグの名門東レ・アローズの元主将で、御坊市職員の芝田安希さん(38)が監督を務める。選手では、5月まで東レ・アローズに所属していた印南町出身の石川真奈選手(21)が初の代表入り。日高地方の“元東レコンビ”で悲願の本選出場を目指す。

 近畿予選は24、25日に奈良県桜井市で行われ、和歌山は予選リーグで大阪(パナソニックブルーベルズ)、兵庫県(神戸親和女子大)と対戦し、1勝すれば2日目の決勝トーナメントに進出する。

 芝田監督は東レ時代、ウイングスパイカーとしてチームをリーグ優勝など数々のタイトル獲得に導き、主将も務めた。2015わかやま国体で和歌山チームのコーチを務め、翌16年から監督に就任し、ことし4年目。

 石川選手は小学生時代に印南はまゆうでバレーを始め、印南中、和歌山信愛を経て16年に東レ・アローズに入団。身長179㌢、最高到達点299㌢の高さを生かしたスパイク、ブロックが持ち味で、ウイングスパイカー、ミドルブロッカーとして活躍。17年7月のV・サマーリーグ西部大会でフレッシュスター賞を獲得した。同年12月のVプレミアリーグ、JT戦でVリーグデビューを果たし、18―19シーズンは28試合36セットに出場。アタック決定率31・1%の成績を残した。ことし5月に東レを退団した。

 芝田監督が、「次の移籍先が決まるまで一緒に練習しよう」と声をかけたのがきっかけで、週1回の練習に参加。Vリーグの名門で3年間現役で活躍した選手の動きはほかのメンバーにもいい刺激、手本になっており、チーム力は日に日にアップしている。今月、福井県で行われたクラブチームの日本一を決める全日本クラブカップ6人制バレーでは、石川選手抜きで初めてベスト8に入り、結果を出した。

 芝田監督は「全員が拾えて、アタックを打てるチームに仕上がった。総合力は例年以上」と手ごたえを感じており、「苦しい場面でこそ石川選手に流れを変えるプレーをしてほしい」と期待。近畿予選の相手は強豪だが、「うちもムードがいいので、持ち味の粘り強さを発揮して、本選出場を目指したい」と意気込む。石川選手は「信愛時代の先輩、同期、後輩もいて、すごくいい雰囲気。アタック、ブロックを決めてチームに貢献したい」と張り切っている。

写真=悲願の本選出場へ意気込む芝田監督㊨と石川選手

関連記事

フォトニュース

  1. ぜひ皆さんで食べてください

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…
  2. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…
  3. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…
  4. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…
  5. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る