千の結び目に込もる強い思い

 本紙が毎年8月に行っている、戦争体験者らに話を聴く連載記事「終わらざる夏」の取材を今年初めて担当した。30年以上前に手作りで発行された戦争体験記録集、出征兵士の無事を祈る「千人針」、250人分の名が寄せ書きされた日の丸と、当時を語る「物」を見せていただき、胸に迫るものがあった◆インターネット上の辞典によると、千人針は第二次世界大戦まで行われた、出征兵士のお守り。一枚の布に千人の女性が一人一針ずつ、赤い糸で千個の結び目をつくる。千人と一口にいっても、その人数分が集まるまで頼んで回るのは大変なことだったろう。終戦時にはまだ12歳、女学校1年生だった昭和8年(1933年)生まれの母も、頼まれて赤い糸で結び目をつくった覚えがあるという。五銭硬貨や十銭硬貨を縫い込むことも行われた。「死線(=四銭)」を超え、「苦戦(=九銭)」を超えるという意味を持たせるためだ。「千人力」というものもあり、白い布に千人の男性が一人1字ずつ、赤い文字で「力」と書く。当時は千人力専用の「力」のゴム印も販売されていたという◆取材にうかがった日高町の出征男性(故人)宅では、千人針も千人力も大事に保管されていた。実際に目の当たりにすると、きっちり整然と並んだ結び目の千個という数に圧倒される。一人の人の無事を祈る心の強さが、そこには形となって残されている。強力なお守りの力ゆえか、その男性はけがもなく帰郷。地域で活躍し、89歳で他界された◆人の手が関わっている限り、「物」にも物語が内包されている。終戦から経過した74年という時間を超え、できうる限りの心の力を発揮してそれを感じ取りたいと思う。受け止めて、自分の言葉で語り継げるようになりたいと思う。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. でっかいオモチャみたい?

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る