全国高校総文書道 山本さんが特別賞

第43回全国高校総合文化祭が佐賀県で開かれ、書道部門で県を代表して出場していた山本鮎美さん(紀央館高3年)の作品が特別賞を受賞した。同校書道部(石田真弓教諭指導)からはこれまで何度も全国文化祭に出場しているが、賞を受けたのは今回が初めて。山本さんは賞状を手に「最後の夏に結果を出せて、とてもうれしいです」と喜んでいる。

全国の都道府県を持ち回りで開かれる高校生の文化の祭典で、再来年は和歌山県が会場となることが決まっている。今年は先月27日から8月1日まで6日間にわたって佐賀県内の各会場で開催。書道部門は唐津市文化体育館で開かれ、作品の展示や参加生徒の交流を行った。同部からは伊藤光玲さん(3年)も参加。300点のうち50点が入賞した。

山本さんの入賞作品は、「臨趙之謙(りんちょうしけん)」。清代末期の書家、趙之謙の書を3尺×8尺の用紙に隷書(れいしょ)で書いた。最初は2尺×8尺の紙を使い、もっと少ない文字数を大きな字で書いていたが、「より美しいバランスできれいに仕上げたい」と、直前で構成を変更。自分で計算しながら枡目を引いて下敷きを作り、完成度の高い作品を目指した。

「筆の使い方、文字の入れ方、バランス、何もかもがとても難しく、構成を変えたために時間もなくなったので集中して取り組みました。出品作を書き上げた時には『やった』という達成感を感じました。全国からレベルの高い人達が集まっている中で賞を頂くことができて、とてもうれしく思っています。交流会では全国の高校生とふれあえて勉強になりました。合作として、1人1つずつの言葉を書いた作品を張り合わせて大きなバルーンを作ったのもいい思い出です」と笑顔で話している。合作では「突破」の言葉を隷書で書いたという。

指導の石田教諭は「全国の舞台で本校から賞を受けるのは初めてです。当県が会場となる2021年の総文へ向けていい弾みになります」と話している。

写真=賞状を手に喜びの山本さん㊤と、特別賞の「臨趙之謙」

関連記事

フォトニュース

  1. ご協力お願いしま~す

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る