住宅用火災警報器 御坊市の設置率83・3%

 御坊市消防は、住宅用火災警報器の設置率を発表した。設置が義務づけられて13年となる今年6月1日時点で83・3%。県内の79・1%、全国の82・3%を上回った。一方、警報機の交換時期は10年が目安。同消防は普段の維持管理や作動確認を呼びかけている。

 住宅用火災警報器は2006年6月施行の改正消防法で新築住宅への設置が義務化された。既存住宅は5年間の経過措置がとられて09年6月から。住宅火災による死亡原因で多い逃げ遅れを防ぐのに有効で、警報器が鳴って火災に気づき命拾いしたケースが全国各地で報告されている。市内でも昨年4月、台所の電気トースターでパンを焼いて、その場を離れたところ、作動。室内は煙が充満し、トースター内部でパンくずが燃えていたが、火災には至らなかったという。

 また、警報器の交換目安は10年。早くから設置している住宅ではすでに10年が過ぎ、老朽化すると火災を感知しない恐れがある。既存住宅も義務化から8年、それまでに設置したものは交換時期の目安を経過。電子部品の寿命や電池切れで作動しない危険もあるという。

 同消防は毎月の巡回広報や毎年の各家庭訪問で指導を実施。「住宅用火災警報器は火災を早期に発見し、あなたの命を守ることができます。かけがえのない命を火災から守るために設置しましょう。すでに設置している場合でも、維持管理と作動確認を行ってください。設置時期を調べるには、設置年月を記入しておくか、本体に記載されている製造年を確認。また、悪質訪問販売には注意してください」と呼びかけている。問い合わせは予防課℡0738―22―4899。

関連記事

フォトニュース

  1. コロナに負けるな!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る