住宅用火災警報器 御坊市の設置率83・3%

 御坊市消防は、住宅用火災警報器の設置率を発表した。設置が義務づけられて13年となる今年6月1日時点で83・3%。県内の79・1%、全国の82・3%を上回った。一方、警報機の交換時期は10年が目安。同消防は普段の維持管理や作動確認を呼びかけている。

 住宅用火災警報器は2006年6月施行の改正消防法で新築住宅への設置が義務化された。既存住宅は5年間の経過措置がとられて09年6月から。住宅火災による死亡原因で多い逃げ遅れを防ぐのに有効で、警報器が鳴って火災に気づき命拾いしたケースが全国各地で報告されている。市内でも昨年4月、台所の電気トースターでパンを焼いて、その場を離れたところ、作動。室内は煙が充満し、トースター内部でパンくずが燃えていたが、火災には至らなかったという。

 また、警報器の交換目安は10年。早くから設置している住宅ではすでに10年が過ぎ、老朽化すると火災を感知しない恐れがある。既存住宅も義務化から8年、それまでに設置したものは交換時期の目安を経過。電子部品の寿命や電池切れで作動しない危険もあるという。

 同消防は毎月の巡回広報や毎年の各家庭訪問で指導を実施。「住宅用火災警報器は火災を早期に発見し、あなたの命を守ることができます。かけがえのない命を火災から守るために設置しましょう。すでに設置している場合でも、維持管理と作動確認を行ってください。設置時期を調べるには、設置年月を記入しておくか、本体に記載されている製造年を確認。また、悪質訪問販売には注意してください」と呼びかけている。問い合わせは予防課℡0738―22―4899。

関連記事

フォトニュース

  1. こらこら、やめなさいっていうの!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る