人こそが地域をつくるんです

 今年4月、和歌山市住吉町の市立本町小学校跡地に開学した和歌山信愛大学教育学部で10日、来月、日高川町で地域連携フィールド学習を予定している子ども教育学科の事前学習が行われ、同町で体験・民泊等に取り組む地域団体「ゆめ倶楽部21」の山下泰三会長(63)が講師を務めた。

 山下会長は元町役場職員で、町村合併前の旧中津村職員時代に筏下りアドベンチャーなどの体験観光を企画。2002年2月には体験観光受け入れ協議会としてゆめ倶楽部21を設立し、都会から移り住んできた人たちとも積極的に手を組み、現在は小学校や中学校の体験を含む農家民泊を多く受け入れている。

 山下会長は「外国の子どもを受け入れる民泊も、言葉は通じなくても心は通じる。私たちは人こそが地域をつくるという信念をもって、手作りの体験メニューを提供しています。今後は農家民泊の受け入れを拡大し、一度に100人ぐらいを受け入れられるようにし、日高川町だけでなく日高地方全体にそのシステムを広げたい」と夢を語った。

 学生15人は今回、2泊3日で日高川町を訪問。中津・美山地区の民泊施設に宿泊し、教育に関する取り組みを中心に、川辺西小学校での授業や放課後子ども学習「子ども未来塾」の見学、湯川宗一教育長の講話、農業体験などを予定している。

 和歌山市の西村優志さん(18)は「日高川は行ったことがありませんが、山下さんのお話を聞いて、早く行きたくなりました。ダイコンの種まきなどが楽しみです」と話していた。

写真=学生にゆめ倶楽部の夢を語る山下会長

関連記事

第29回太平洋カップ争奪招待少年野球大会

フォトニュース

  1. 御坊の子に早く会いたいです

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 煙樹ケ浜フェスティバル

    8月 31 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る