京都アニメーションの事件に思う

 京都アニメーション製作の作品をテレビで見たことはなかったが、愛読していたミステリー「氷菓」が同社でアニメ化され、好評だと知ってインターネットの動画で一部を見た。多感な高校生達を描く繊細なみずみずしい表現、自然描写の美しさは素晴らしかった。「聲の形」など、見てみたいと思った作品は他にも数多くあった◆あの放火殺人事件から3週間が経つ。アニメや漫画は筆者にとって特別な存在で、報道以来この事件のことがいつも頭のどこかにある。あまりといえばあまりの事態に、言うべき言葉などまったく見つからない。ニュースを見ていると、献花の女性が「なんでこんなにひどいことを」と叫ぶように言い、嗚咽した。多くの人の気持ちそのままだと思った◆先日、遺族の了承を得て、10名の犠牲者の名が公表された。「氷菓」の監督の名もその中にあった。「犯人は過去だけではなく未来を奪った」というコメントがあったが、失われたものの大きさは、文字通り計り知れない。アメリカでは立て続けに銃乱射事件が発生した。人を個々人としてではなく、集団の枠に当てはめて見ることしかできない人が増えているのではないか◆世界中から寄せられた寄付金は10億円を超えたという。単純に「好き」という気持ちは、強いられたものではないだけに、強い。世界の多くの国の人々が作品を通じ、その気持ちを日本へ抱いてくれている。どんな政治力をもってしても不可能なその事実を、一地方のアニメスタジオがかるがると成し遂げてくれた。繊細な作品に込められた膨大なエネルギーが、海を越えて多くの人の心に届いていた◆献花の人の輪は、連日続いている。人々が心を寄せ続けることで、多少なりとも空白は埋めていくことができるのだろうか。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. これで初日の出も安全

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る