乗って残す公共交通

 「乗ってみると意外と便利」。先日、日高地方の行政担当者や住民らが参加しての、県の地域公共交通研究会を取材した際、「世代を問わず聞かれる感想です」と紹介されていた。研究会では、国や県の担当者、大学の研究者が公共交通の現状や維持・確保に向けた取り組みを説明。「乗って残そう」と地域全体での利用促進を呼びかけた。

 県内路線バスの廃止距離は2008年度から10年間で累計406・2㌔。御坊市と和歌山市の4往復分に上っている。もし車を運転できなくなったら、重要な移動手段となる公共交通。いま利用しているお年寄りや子どもたち、そして将来、次の世代のために、維持・確保を考えなければならないと思った。

 大学時代の主な移動は公共交通。バスや電車の時間に合わせた生活だった。一方、Uターン後は車が中心。いつでも、どこへでも乗って行ける。公共交通を使わないのは「本数が少ない」「運賃が高い」「行きたいところに行けない」といったところか。しかし、これらはほとんどイメージ。皆さんもどうでしょうか。乗ってみて分かることもあるのかもしれない。

 逆に公共交通を使っているのは「本数に合わせた生活ができる人」「お得に移動できる人」「行き先と最寄りのバス停を知っている人」だそう。あるまちでは本数を増やすのではなく、待合所でフリーWi―Fiのサービス提供を開始。学生たちに好評という。研究会で行われた参加者の意見交換でも前向きな考えが続々。「乗って残す」ためには、ネガティブなイメージより、利用者としての目線が大切になる。まずは地域で公共交通について関心を持とう。(笑)

関連記事

フォトニュース

  1. ええ感じやで

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る