ハーモニーズの5選手 敗れて悔いなし

 愛媛県で開催されたNPBガールズトーナメント2019全日本女子学童軟式野球大会で、日高地方の5人がメンバー入りしている県選抜チーム「和歌山ハーモニーズ」が2年連続の準決勝と大健闘をみせた。

 梶原のんさん(湯川小6年)は投手や外野で出場し、チームの勝利に大きく貢献。土塀千聖さん(内原小6年)も遊撃手や投手として活躍、6試合で9安打(19打数)を放った。笹未羽さん(同6年)は三塁手として堅実な守備でチームに貢献。熊代まなさん(同6年)も右翼で出場し、決勝で安打を放つなど活躍。石方由真さん(由良小6年)は決勝で代打出場だけだったが、大きな声を出してチームを盛り上げた。

 熊代さんは「去年の成績を超えられなくて悔しかったけど、全国大会決勝までこれたことはうれしいです。舞台が大きくて初戦は少し緊張しましたが、素敵な経験になりました」、土塀さんは「大きな全国大会に出れてうれしかった。みんなと一丸となってプレーできました。優勝はできなかったけど、悔いはありません。これからも野球を頑張ります」と笑顔。

 梶原さんは「この7日間、貴重な体験ができました。立派な球場で投げて、打って、走って、とても楽しかったです。決勝まで一緒に戦った監督、コーチ、チームメートに感謝しています」、笹さんは「初めての全国大会だったけど、みんなと一丸となって試合ができてよかったです。すごい球場で野球ができてうれしかったです」、石方さんは「決勝で負けたのは残念だったけど、いい経験ができました。これからも野球を頑張っていきたいと思います」と振り返った。

写真=左から笹さん、熊代さん、梶原さん、石方さん、土塀さん

関連記事

フォトニュース

  1. 寒さと静けさのなかで

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る