この平和を守るために

 先の参院選和歌山選挙区は現職世耕氏の圧勝に終わったが、全国では自民が議席を減らし、自公と憲法改正に前向きな維新を含むいわゆる「改憲勢力」は、改憲発議に必要な3分の2を割った。

 参院全体の3分の2は164議席。改憲勢力は非改選が79議席で、3分の2を維持するには85議席が必要だったが、結果は自公と維新で81議席。今後、安倍首相はどう勢力を維持、増強していくか。

 日高新報は今年も終戦の日に合わせ、戦争体験者に話を聞く連載を行った。日本が二度と戦争を起こさないために、現実の痛みを国民が忘れてしまわぬよう、戦後世代に伝えることが目的だ。

 首相はなぜ憲法改正を目指すのか。北朝鮮と中国の核の脅威にさらされ、米韓同盟が消滅の危機にあるいま、自衛隊の力を高め、日米同盟を強化し、敵に先制攻撃を思いとどまらせる。国民の生命を守るためである。

 孫子の兵法に、戦わずして勝つという原則がある。戦闘をせず敵を降伏させるには、防御を固め、侵攻されてもすぐさま反撃、叩き潰せる軍事力が必要。ようは戦争をしたくなければ、最大限の戦争の準備をしておけという話。

 軍隊があれば戦争をする、軍隊がなければ戦争をしないというのは誤りで、日本が軍備を捨てても他国が同調するわけがない。ウイグル、南シナ海、クリミア半島、沖縄県尖閣諸島の現実を見ても、軍備を捨てた日本は即、中国に侵略されてしまうだろう。

 憲法を改正するかしないか、それを決め、国を動かすのは国民。戦争の痛みを思い返し、広島、長崎、すべての戦争犠牲者の慰霊のためにも、目の前の危機を直視し、核武装も含めた国民の議論が必要。戦争をせず、この平和を守るために。(静)

関連記事

フォトニュース

  1. これで気分も明るくなれば

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る