うまぁ…

 即席麺最大手の日清食品㈱(安藤徳隆社長)は、日本各地のご当地ラーメンを発信するカップ麺のシリーズ「日清麺NIPPON」の新商品として「和歌山特濃豚骨しょうゆ」を26日から全国で発売する。19日、和歌山市と同社が市役所で共同発表会を開き、尾花正啓市長は「和歌山ラーメンの良さがしっかりと味わえておいしい。全国の皆さんに食べてもらい、本場和歌山に来てもらいたい」とアピールした。

 同シリーズは「日本の麺を楽しもう」をテーマに、全国各地に根差した麺文化を地元の団体や自治体と共に発信するという、地域密着型コンセプトのカップ麺ブランド。2014年に発売し、これまでに横浜家系や尾道、札幌など6種類があり、「和歌山特濃豚骨しょうゆ」は7番目となる。

 発表会では、同社大阪営業部の浅井雅司部長、マーケティング部第5Gブランドマネージャーの磯一徳氏が新商品について説明した。

 同社には00年に発売したカップ麺「行列のできる店のラーメン 和歌山」がロングセラーとしてあり、今回の「和歌山特濃豚骨しょうゆ」は、ご当地の味の再現にさらにこだわってリニューアルした新商品となった。

 コクとキレのあるしょうゆ、炊き出した豚骨のうま味が凝縮された特濃スープに、相性抜群の中細ノンフライストレート麺を合わせ、具材には和歌山ラーメンの定番であるチャーシュー、花形ナルト、メンマ、ネギを添えている。

 開発スタッフは1年ほど前から約10店の和歌山ラーメンを食べ歩いて研究し、しょうゆと豚骨の風味を伝える濃厚感をいかに出すかなどを工夫したという。

 パッケージは濃厚な豚骨しょうゆをイメージさせる茶色を基調とし、ふたの裏には和歌山ラーメンの歴史や地元での食べ方、和歌山の観光スポットなどを紹介するコラムも掲載。開発に協力した市観光協会の推薦ロゴもあしらっている。

 試食した尾花市長は「しょうゆと豚骨の香りが良く、和歌山ラーメンの魅力が分かるおいしさ」と絶賛。「このカップ麺を食べて、ご当地和歌山に実際に来てもらい、早なれ寿司(すし)と一緒にまた和歌山ラーメンを食べてもらいたい」とし、浅井部長は「和歌山ラーメンはご当地ラーメンの最高峰。しょうゆ発祥の地・和歌山お墨付きの品をご賞味ください」と呼びかけた。

 希望小売価格は税別230円。全国のスーパーなどで販売される。

写真=「和歌山特濃豚骨しょうゆ」を試食する尾花市長㊥ら

関連記事

フォトニュース

  1. 昔はどの家でも作ったけどな

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る