あおり運転の厳罰化を

 「あおる」とは、さまざまな場面で使われるが、とりわけ「あおり運転」はいま最も有名な言葉といえる。前方の車にぴったりつけて急がせたり、道を譲らせる、車で「あおる」という言葉は、筆者が運転免許を取得した26年前にはすでに一般的に使われていた。いま世間で問題となっているあおりは、そんな生易しい運転ではなく、追い抜いて急ブレーキを踏むなど車という凶器を使った暴力行為にほかならない。常磐自動車道で起きたあおり運転と暴行事件。もはや常軌を逸しているというしかない。

 あおり運転が大きくクローズアップされたのは、2017年に東名高速で起こった死亡事故。執拗なあおり運転の末、追い越し車線に無理やり停車させられた家族4人が乗ったワゴン車に後続のトラックが衝突して夫婦が亡くなった。テレビ、新聞であれだけ大きく報道されて社会問題となり、あおり運転を受けたらドアや窓をロックして外に出ない、動画を撮影するなど自分の身を守る方法も広く啓発された。今回の常磐自動車道での事件も、高速道路上で停車させられており、衝突事故が起こらなかったのが奇跡だっただろう。

 容疑者が悪いのはいうまでもないが、もう一つ驚いたのは、あおり運転についての厳罰化がいまだにされていないことだ。交通事故は誰しも起こそうと思っていないが、あおり運転はまさしく故意。追い抜いて無理やり停車させる行為は危険運転以外の何ものでもない。飲酒運転の厳罰化が大きな成果を出したように、あおり運転も厳罰化するよう早急に取り組むべき。全国で注目されている今回のあおり運転報道が、単に無茶苦茶な男の暴走で終わるようなことのないよう願う。(片)

関連記事

フォトニュース

  1. 玉に全集中してな

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る