A NEW STYLE WAR

 高校時代、友達と一緒に浜田省吾のライブに出かけた。1曲目は「A NEW STYLE WAR」。地下から地下へ運ばれた爆弾、国家に養われたテロリスト、成層圏にミリタリーサテライト…新たな時代の脅威を訴えていた。

 その数年後、ベルリンの壁が崩壊し、米ソの冷戦も終わった。さらに30年が過ぎたいま、戦争のスタイルは多様化し、昭和の大戦の大量破壊・殺りくの武力戦だけでなく、新たな戦争が頻発している。

 経済戦争はいままさに米中間で激しさを増し、サイバー戦争は米国、中国、ロシア、イスラエル、北朝鮮が5強国とされ、情報戦では中国、韓国が歴史を捻じ曲げて世界に発信し、日本など周辺国が窮地に立たされている。

 今月、日本は韓国への半導体関連素材の輸出管理を強化した。政府はいわゆる従軍慰安婦強制連行問題、朝鮮半島出身労働者の訴訟判決、賠償命令など一連の韓国側の行為を受けての対抗措置ではないとはいうが、そうであるのは間違いない。と思うのも自然な反応ではないか。

 韓国側はWTO(世界貿易機関)違反だと反発しているが、輸出手続き簡略化の優遇措置を与えていたホワイト国から外し、インドネシアなどと同じ以前の通常の扱いに戻すだけで、一部日本の報道にもある「禁輸」でも「事実上の禁輸」でもない。

 世耕経済産業相は「WTO上、どんな問題があるのか」と首をかしげ、自由貿易に反するという韓国側の批判を一蹴した。当然ながら安倍首相も撤回する考えはなく、撤回に向けた協議などには応じない。

 情報戦はすでに日韓間で勃発している。反日・捏造のミサイルに対し、日本は国益を守るため、国際社会にも向けて事実を淡々と撃ち返せ。(静)

関連記事

フォトニュース

  1. お、ナイススイング!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る