3漁民の開拓精神見習おう

 かつお節と言えば子どものころ、しょうゆをかけてご飯に乗せるねこまんまが好きだった。いまでもお浸しやお好み焼きではよく利用している。かつお節からだしを取るような本格的な料理はあまりしないが、わが家でも身近なもの。そんなかつお節の発祥の地が印南町だと知ったのは二十数年前、日高新報に入ってからだった。

 印南町のホームページによると、いまに通じるかつお節が出回りだしたのは江戸時代中期で、製法を考案したのが印南漁民の角屋甚太郎。2代目甚太郎は、「燻乾かび付け法」を開発し、松の香りにも似たかつお節特有の風味を出すことに成功。「改良土佐節」と呼ばれ、甚太郎は「土佐節の祖」とたたえられた。さらに印南漁民の森弥兵衛と印南與市が広く製法を伝え、日本のだし文化のベースを築き上げたそうだ。

 しかし、現在、町内で産業としては受け継がれていない。以前から発祥の地という強力なブランド力が生かされていないのは、もったいないと思っていた。そんな中、商工会では今年度から発祥の地を生かした新たな産業興しに取り組む。確かに町内でかつお節の製造工場もなく、大きな水揚げがあるわけでもない中、難しい面もあるが、例えば他地域から仕入れたかつお節に特産の真妻わさびと地元しょうゆをコラボさせたねこまんまをつくれば、名物になるというアイデアもある。鶏が先か、卵が先か。製造工場がないからと言って手をこまねいているのではなく、何かアクションを起こすことが大切。その中でやがて地元に製造工場ができることにつながるかもしれない。かつての3漁民の開拓精神を見習い、まちの活性化につなげてほしい。(吉)

関連記事

フォトニュース

  1. オスッ!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る