3漁民の開拓精神見習おう

 かつお節と言えば子どものころ、しょうゆをかけてご飯に乗せるねこまんまが好きだった。いまでもお浸しやお好み焼きではよく利用している。かつお節からだしを取るような本格的な料理はあまりしないが、わが家でも身近なもの。そんなかつお節の発祥の地が印南町だと知ったのは二十数年前、日高新報に入ってからだった。

 印南町のホームページによると、いまに通じるかつお節が出回りだしたのは江戸時代中期で、製法を考案したのが印南漁民の角屋甚太郎。2代目甚太郎は、「燻乾かび付け法」を開発し、松の香りにも似たかつお節特有の風味を出すことに成功。「改良土佐節」と呼ばれ、甚太郎は「土佐節の祖」とたたえられた。さらに印南漁民の森弥兵衛と印南與市が広く製法を伝え、日本のだし文化のベースを築き上げたそうだ。

 しかし、現在、町内で産業としては受け継がれていない。以前から発祥の地という強力なブランド力が生かされていないのは、もったいないと思っていた。そんな中、商工会では今年度から発祥の地を生かした新たな産業興しに取り組む。確かに町内でかつお節の製造工場もなく、大きな水揚げがあるわけでもない中、難しい面もあるが、例えば他地域から仕入れたかつお節に特産の真妻わさびと地元しょうゆをコラボさせたねこまんまをつくれば、名物になるというアイデアもある。鶏が先か、卵が先か。製造工場がないからと言って手をこまねいているのではなく、何かアクションを起こすことが大切。その中でやがて地元に製造工場ができることにつながるかもしれない。かつての3漁民の開拓精神を見習い、まちの活性化につなげてほしい。(吉)

関連記事

フォトニュース

  1. でっかいオモチャみたい?

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る