避難すべきときの判断

 先週末、夜中に強い雨音で目が覚めた。この日、九州に線状降水帯が発生し大雨を降らしていたので、気になり天気予報のスマホアプリを開いた。そこに表示されたのは「警戒レベル4」の文字。自宅のある日高川町に設定済みなので、町内に発令中の情報が示されている。

 自治体が、防災情報を危険度に応じた5段階の警戒レベルを発表する運用が始まったと、つい1カ月ほど前本紙でも紹介。そしてその見出しが「レベル4は全員逃げて」だったのを覚えており寝ぼけながら一瞬プチパニック。

 改めて、アプリの警戒情報のページを開いてみると、「土砂災害警戒情報」で警戒レベル4相当と「洪水情報」の警戒レベル2相当と書かれていた。筆者宅は山の中腹ですぐ裏が斜面のミカン畑。台風や長雨のときはいつも土砂崩れを心配するので、この雨の中避難するのか、飼い猫は連れて行けるのかなど途方に暮れた。そのとき、警戒情報にマップがあることに気が付いた。いずれの情報も地図上で避難レベルを色分けして表示しており、筆者宅の裏山はレベル2を示す黄色になっていた。「そっか、町内のどこかではもっと雨が降って、危険な場所にレベル4が出ているんだ」と納得していると、防災無線が流れ、避難の呼びかけではなく、警戒を促す内容で安堵。あと30分ほどで上空の雨雲が抜ける予報を確認したので、再び眠りについた。

 あとで調べると、警戒レベルに「相当」がつくのは、自治体が発表するものではなく、国土交通省、気象庁、都道府県が発表する防災気象情報だった。しかし、いずれにしても警戒が必要。今回は心の避難訓練で済んだが、本当に避難すべき時、備えと確かな情報はもちろん、判断力、行動力が必要だと感じた。(陽)

関連記事

フォトニュース

  1. Run away!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る