道成寺の小野院主の本紙連載が書籍に

 日高川町鐘巻、天音山道成寺の小野俊成院主=写真=が本紙で連載した「宮子姫よもやまばなし」が書籍となり、14日から販売される。道成寺創建にかかわる宮子姫について、多くの史料をもとにさまざまな方向から考察。当時の政治的背景や人間関係などから、宮子姫のイメージが豊かに浮かび上がる一冊となっている。14日午後1時半から御坊商工会館で開かれる「梅原猛先生追悼記念 宮子姫忌・宮子姫講演会」(宮子姫顕彰会主催)の会場でも販売する。

 2014年9月19日付からことし4月19日付まで4年8カ月、全56回にわたる連載。藤原不比等の養女となり、文武天皇の夫人に選ばれ、聖武天皇を生んだ「藤原宮子」の生涯と周辺の人々を、仮説も交えて生き生きと紹介している。「宮子姫の幸せな日々」と題する章では、誕生から結婚、懐妊、出産までが宮子姫の生涯前半の幸せな日々、そして36年ぶりに息子の聖武天皇と再会を果たしたのちが後半の幸せな日々とされ、亡くなったあとも37年後まで祥月命日には国の行事として法要が営まれたことを説明。聖武天皇との再会については、連載クライマックスの第52回でさらに深く考察している。「宮子姫よもやまばなし」は、宮子姫の祥月命日となる今月19日から、「令和版」として連載を再開する。

 書籍は定価800円。TSUTAYA WAY美浜店、炭家書店、ブキャンドック大谷、日高川町初湯川のイハラ・ハートショップで取り扱う。

写真=全56回の連載が一冊に

関連記事

フォトニュース

  1. でっかいオモチャみたい?

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る