美浜、日高、由良の観光振興PTが始動

 県道24号(御坊由良線)でつながる美浜、日高、由良の3町と日高振興局でつくる観光連携チーム「PROJECT24」が発足し、10日、日高町役場で記者発表が行われた。3町を1つのエリアとして観光振興に取り組み、具体的にはサラリーマンの丼ランチをテーマとした動画「どんぶリーマン」を制作、ユーチューブにアップし、オススメ観光スポットのSNS投稿などを進める。遊び心を加えて地域の魅力を発信し、誘客につなげたい考えだ。

 美しい海岸線で隣接する美浜、日高、由良の合計人口は約2万人、面積は約90平方㌔㍍。国道や県道が整備され、一つの観光エリアと捉えてPRしていく。

 プロジェクトチームは昨年12月、3町の観光担当者、日高振興局地域振興部職員、美浜と由良の地域おこし協力隊の計9人で結成。計10回の会合を開き、プロモーション方法などを検討してきた。

 名前は3町をつなぐ県道24号から「PROJECT24」とし、ロゴマークも作成。デザインは全国的に有名なみかんのオレンジを基調に、みかんを半分に切った果肉をイメージ。ロゴの枠は県道24号線から魅力を発信するという意味を込め、県道標識と同じ六角形で、「Mihama」「Hidaka」「Yura」の文字を入れた。

 ユーチューブは、忙しいサラリーマンのランチの味方となる丼をテーマに、動画を制作。主人公の「どんぶリーマン」はプロジェクトチームのメンバーが務める。第1弾は美浜町三尾の「すてぶすとん アメリカ村食堂」のサーモンとシラスのどんぶりを90秒にまとめ、丼リーマンが一気に食べるシーンなどが撮影されている。第2弾は由良町編を準備中で、8月中旬から下旬の公開を目指している。その後も各町で提供されている名物丼を月1回ペースでアップしていくという。

 フェイスブック、ツイッター、インスタグラムにアカウントも開設、現在は美浜町の煙樹ケ浜、日高町の産湯海岸、由良町のゆら早生ミカンの木の写真などが掲載されている。SNS共通アカウントは@project24yhm

 チームリーダーの日高町役場産業建設課の戸上正幸係長(41)は、「それぞれの地域の特色を踏まえ、協力し合って観光エリアとして盛り上げていきたい」と話している。

写真=ロゴマークを手にチームのメンバー9人

関連記事

フォトニュース

  1. 全国で金メダルを!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る