科学の進歩は諸刃の剣

 回転寿司チェーンのスシローは、自動的に皿の枚数を数えることができるシステムを、リニューアルオープンした兵庫県伊丹市の店舗に導入した。これまでは店員が皿の枚数を計算していたが、寿司が回るレーンの上部にカメラを取り付け、客が取った皿をコンピュータが認識し、自動計算するという。アルバイトなど従業員不足に対応し、省力化を図る狙いだ。

 40年ほど前の小学生の時、担任の先生が「将来はロボットが普及し、働く人がいらなくなる時代が来るかもしれない」ということを話していたことを覚えている。当時と比べると産業ロボットが飛躍的に普及し、自動車産業などで大きな成果は挙げたと言えるだろう。

 しかし、現状の日本は労働力不足。要因は人口の減少が大きいといわれ、従業員が足りずに倒産や閉店に追いやられるケースもあるという。人口は2008年の1億2808万人がピークで、その後は毎年10万人規模で減少。53年には1億人を下回る見込みで、データ的にはさらに拍車をかけることになる。

 そんな中、いま注目を集めているのが人工知能(AI)。人間の脳が行っている知的な作業を、コンピュータで模倣したソフトウェアやシステムが行うことができる。人が使う自然言語を理解したり、経験から学習したりすることも可能という。将来的には人間の知能を超え、発明などすべてを担うことになるかもしれないという専門家もいるほどだ。

 そうなれば、労働不足の解消というより、人間が働き場を失ってしまう可能性さえある。科学の進歩は人間にとって諸刃の剣となるのではないか。(雄)

関連記事

フォトニュース

  1. 傘差しや並進はせんといてね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る