県内の児童虐待相談が増加

 全国で児童虐待による凄惨な事件が相次ぐなか、2018年度中の県内相談件数がまとまった。児童相談所が対応した虐待相談は1328件で前年度と比べて186件増え、市町村も1551件で237件増加。25日には御坊市要保護児童対策地域協議会代表者会議があり、児童虐待の未然防止へ、今年度の取り組みを決めた。

 昨年度に寄せられた虐待相談の件数は和歌山市の子ども・女性・障害者相談センター(中央児童相談所)が1107件、田辺市の紀南児童相談所が221件。全国同様、右肩上がりで増えている。種類別では心理的虐待が最多。身体的虐待、ネグレクト、性的虐待の順になった。

 御坊市社会福祉課に寄せられた児童相談の件数は17件(28人)で前年度と比べて4件(2人)増加。うち虐待は15件(26人)で、ここ10年はおおむね十数件で推移しているという。内容は身体的虐待3件(5人)、心理的虐待12件(19人)、ネグレクト2件(2人)。年齢は3歳未満が6人、3歳から就学前までが7人、小学生が10人、中学生以上が3人となっている。

 会議の冒頭、副会長で同課の西川宏洋課長は「この協議会のネットワークを最大限に生かし、児童虐待の未然防止、早期発見、子どもの適切な保護、支援とともに家庭への支援に取り組んでいきたい」とあいさつ。一層の協力、連携強化を呼びかけた。

 今年度の取り組みとして、見守りが必要なケースの状況を把握した上で、支援が必要な児童の実態把握や援助方針を検討。虐待防止のための啓発、講演の実施ほか、生後4カ月までの全戸訪問(こんにちは赤ちゃん)事業の継続、養育支援訪問事業を行っていく。

関連記事

フォトニュース

  1. 気持ちよく踊れました

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る