梅雨明け 産湯海水浴場もにぎわう

 24日に梅雨が明け、日高町の産湯海水浴場がにぎわい始めた。25日も午前中から大勢の家族連れらが訪れ、1年ぶりの水遊びを楽しむ姿がみられた。6日の海開きからは晴れの日が少なく、海水浴客はほとんど見られず出足は低調だったが、いよいよ夏本番。担当の産業建設課によると、ピークは連休となる8月10日から15日となりそうだという。

 梅雨明けは例年よりも3日、昨年よりも15日遅れ、海開きからは雨や曇りの日が続いた。序盤はすっきりと晴れた日が少なく、海の家の従業員によると、海開きからほとんど客がなく、開店していても店内は閑散とした状態だった。「夏休みに入ったし、梅雨も明けた。これからに期待したい」という。

 25日も朝から京阪神などから大勢の家族連れらが水遊びを楽しみ、浜辺には1年ぶりのにぎわいが戻った。子どもたちは砂遊びや水を掛け合ったりして大はしゃぎで、浜辺にはテントも並んだ。

 親戚7人で来たという大阪市の内藤陽菜ちゃん(5)は「(水が)ちょっと冷たいけど、気持ちいい」と水鉄砲や砂遊びに夢中。家族4人で訪れた同市の会社員池田耕清さん(55)は「海の水がきれいなので毎年来ています。土日は混むので有休をとって来ました」と話し、次男の結哉君(10)は「海で泳いだり砂遊びしたりするのが楽しい」と夏休みを満喫していた。

 和歌山地方気象台によると、これから8月までは平年通りに晴れの日が多いという。

 同海水浴場は1967年に開設。浜辺は約1㌔にわたり、白砂で遠浅。更衣室、コインシャワーなどを完備。昨年は約2万2000人が訪れた。

写真=砂浜でお母さんと水遊びを楽しむ女の子

関連記事

フォトニュース

  1. 町長さん、わざわざありがとうございます

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る