心にうるおいくれる花の力

 育てて咲かせたり、美しく生けたりするのは苦手でただ見ているだけだが、昔から花は大好きだ。先日開かれた市民教養講座の第2回は、華道家・假屋崎省吾さんの講演と生け花の実演だった◆講演の内容をメモする時はいつも、その人がどんな一人称を使っているかも書いておくが、假屋崎さんは「あたくし」。「わたくし」でも「あたし」でもない。上品さと同時にくだけた親しみやすさを表し、黒柳徹子さんやデヴィ夫人も使っている。ひまわりを何本も生けながら「黄色はビタミンカラー。あたくし、大好き」とうれしそうに言っていたのが印象に残った◆ビタミンカラーは純度の高いきれいな色彩のことかと思っていたが、調べてみると柑橘類を思わせる黄色、オレンジ色、緑色などのことだった。ビタミンCが豊富なことからきている。この日生けられた作品は4点。細かな葉をびっしりつけたドウダンツツジの大きな枝に濃いピンクの百合と白い百合。赤、ピンク、黄色と色とりどりのバラにふんわりと白いカスミ草。オオタニワタリやモンステラ、細い線で構成されたシルエットが涼し気なアレカヤシとグリーンだけの作品。そしてひまわり、レモン色の小ぶりの花をたくさん咲かせた洋ランのオンシジウムと、鮮やかな黄色でまとめた夏らしい作品◆終演間際、蝶の模型を出して、4点の作品を飾りつけていった。レテノール・モルフォという、南洋に実在するキラキラ輝く青い蝶だ。ひまわりの黄色に青が映える。「青は希望の色」だと講演でも言っていた◆花や美しいものは心にうるおいをくれる。なんとも言い様のない、やりきれない事件ばかりが連日のように報道される昨今、花の力がもっと強く、すべての人の心に作用すればいいのにと思う。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. 日高の魅力が満載

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る