御坊でJC七夕まつり

 七夕の7日、御坊市の小竹八幡神社で一般社団法人御坊青年会議所(松山知弘理事長)の第43回七夕まつりが開かれ、多くの子どもや家族連れでにぎわった。

 昨年は荒天で中止となったため、2年ぶりの開催。境内には、地域の子どもたちや事業所から、続々と寄せられたたくさんの笹飾りで七夕ムード満点。色とりどりの短冊には「家族が元気でいられますように」「絵がうまく描けますように」「ラーメン屋さんになりたい」など様々な願い事がつづられていた。

 イベントも盛りだくさんで、初開催のゆかたコンテストには28人の小学生が出場。御坊に居てます芸人「42号線」のMCで、将来の夢やゆかたの気に入っている点などを話し、自己アピールでフラフープやマジックを披露する子もいた。英語で自己紹介し、見事織姫賞を獲得した前出悠那さん(内原2年)は「緊張したけど、頑張れました。賞をとれてうれしいです」と笑顔。

 日が暮れると、願い事の成就を祈る笹はらい式が行われ、小竹伸和宮司のおはらいに続いて花火を点火。御坊少年少女合唱団の歌声とともに願いが天に届けられた。ゆかたコンテストで織姫賞以外の受賞者は次の皆さん。

 審査員特別賞=柳瀬樹美(湯川5年)、山本陽太(和佐2年)▽七夕賞=松山明愛(塩屋4年)、湯川桃寧(松原2年)▽彦星賞=小池大輔(藤田1年)

写真=ステージで司会の質問に答える前出さん(右から2人目)

関連記事

フォトニュース

  1. コロナに負けるな!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る