御坊でエプロンおじさんこと別院さんの追悼語り寄席

 御坊市の藤田会館で29日、年金者組合日高支部よみきかせサークルはなまる主催の「故別院清先生追悼 きのくに語り寄席」が開かれた。各学校などで読み聞かせを行って「エプロンおじさん」の名で親しまれ、昨年他界した別院清さん(和歌山市)を偲んでの会。別院さんに指導を受けていた同サークル、印南町のグリムの会、読み聞かせサークルみなべが約140人の来場者に語りや群読を聴かせた。司会を務めたはなまるの中谷澪子さんは、「別院先生がまいてくださった種、私たちが芽を出させ育てていきます」と決意を述べた。

 1月に「語り寄席」を予定していたが、11月に別院さんが急逝。この日に延期し、あらためて「追悼」として開催された。はなまる主催、グリムの会、読み聞かせサークルみなべ、別院さんが代表を務めていた和歌山よみきかせの会連絡会の3者が共催。

 2部構成で、1部で3サークルが発表。最初にはなまるの5人が、県内各地に伝わる巨人伝説を紹介する「おびと(巨人)」を語り聴かせた。昔の農民風のいでたちで、それぞれの地域の方言を使って面白おかしく暗唱。山本真理子著「紀州ばなし」から「ばっちょ」という子だぬきの話も群読した。グリムの会は、県内在住の作家宇江敏勝著「福の子」という心温まる短編を群読。山奥の村に生まれた娘は歩くことができなかったが「福の子」として大事に育てられ、家族は無邪気な笑顔に心を癒やされていた。娘は若くして亡くなる時「大事にしていた櫛をケヤキの下に埋めて」と言い残し、ケヤキの下を掘るときれいな水が湧き出て、村人を助ける井戸になったという話で、観客は「ええ話やった」と拍手を送った。

 2部は別院さんの妻で和歌山よみきかせの会連絡会代表を引き継いだ別院丁子(ていこ)さんが登場。山本周五郎著「立春なみだ橋」の舞台朗読を披露した。動きもまじえ、舞台劇のような朗読に来場者は一心に聞き入った。

 別院さんが最後にあいさつし、予定していた今回の語り寄席を夫の他界でやめようと思ったが、はなまるメンバーらの熱意と「故人もきっと開催を望んでいる」との言葉に励まされて取り組んできたことを話し、「今回は通算51回目の語り寄席、第50回の記念を超えて、新しい一歩を踏み出す回となりました」と述べて、会場は大きな拍手に包まれた。

写真=紀州の伝説を語り聴かせる「はなまる」のメンバー

関連記事

フォトニュース

  1. 町長さん、わざわざありがとうございます

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る