年に一度は目をそらさず

 先日、年に一度の健康診断を受診した。このイベントが憂鬱になったのはいつごろからだったかと振り返ってみた。

 4、5年前。37、38歳ごろから、血液検査の結果が基準値を超える項目がひとつ、ふたつと出始めてからだ。再検査や治療が必要になるほどの数値ではないが、毎年すっきりしない結果が続いている。今年はまだ結果待ちだが、改善されなくても悪くなっていなければいいなと願うばかり。そう。願うだけで、気にはしていても、改善しようと頑張っているわけではない。そして、健康診断の日程が決まるころからジタバタし始める。すると、毎年健康診断結果の優秀な夫に「普段通りの生活で診てもらわないと意味がない」ともっともなことを言われる。これがここ数年のお決まりだ。これを繰り返してふと気がついた。「このジタバタは意味がある」と。診断結果がよくなるということではないが、自分の健康状態を確認し、食や運動などの見直しや引き締めができる貴重な機会だからだ。せっかくジタバタしたのだから、今回はこのまま頑張って、来年の健康診断には、余裕をもって臨みたいものだ。

 乳がん検診では、筆者が住む日高川町が実施している集団健診を初めて利用した。18日間、16カ所の中から都合のいい日や場所を選んで様々な健診が受けられるので、大勢の人が訪れていた。近隣に医療機関がなくても近所で健診が受けられる、なんてすごい仕組みなのだろうとちょっと感動してしまった。

 病気の早期発見はもちろんのこと、食、飲酒、喫煙、運動不足など、人それぞれに日頃は目をそらしがちな生活習慣の見直しに、職場や市町の健診を利用して、年に一度は自分自身の体のことをしっかり考えてみよう。(陽)

関連記事

フォトニュース

  1. いまが見ごろです

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る