夢の東京五輪チケット

 一日の過ぎるスピードが今までにも増して早くなったような気がする。5月からみなべ町に担当が変わり、間もなく3カ月。あれも、これもしなければと時間に追われる仕事をしているからなのかもしれない。インターネットで調べてみると、心理的な要因で年齢を重ねると多くの人が時間を早く感じるようになるとあった。もちろん時間の長さが変わることはない。せっかくなら楽しく過ごした方がいい。嫌な予定が来る日を待つのはしんどいが、楽しい予定を待つのはワクワクする。そんな予定をたくさん入れると、一日の長さの感じ方も変わるかもしれない。

 楽しみな予定の一つは、東京オリンピック。2020年7月24日が開会式まで、あと1年を切った。早くも五輪切符を手にした選手も出てきた。大手新聞などでは過去のオリンピックメダリストのインタビュー記事も増えてきた。すさまじいプレッシャーに押しつぶされそうになりながら、結果を出すために血のにじむ努力を重ねてきた、多くのオリンピアンに共通すること。その瞬間瞬間を競技に全力で打ち込んだ、平凡な筆者にはうらやましく感じる。

 大人になると、子どものころのような感動は薄れ、毎日の生活も変化が少なくなりがち。働き盛りの40代真っただ中だが、ふと自分を見つめなおし、いい時間を過ごしたいと感じる今日この頃。東京オリンピックを生で観戦できれば、どれほどの感動と非日常を味わえるだろうか。想像しただけでワクワクする。最大の難関はチケットに当選すること。1次抽選ではすべて落選したが、8月には敗者復活の抽選、秋には2次抽選が待っている。筆者の戦いはまだ幕を開けたばかりだ。(片)

関連記事

フォトニュース

  1. 傘差しや並進はせんといてね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る