印南のフェスタ・ルーチェサテライトが点灯

 印南町皆瀬川の旧真妻小学校で28日、地元有志の「真妻やまびこ塾」(山本育男塾長)が主催するイルミネーションプロジェクト「RE:LIGHT МAZUМA(リライト マズマ)」の点灯式が行われ、地元住民ら約100人が参加した。

 山本塾長は「若い有志の協力もあって立派なツリーができた。かつて真妻小学校に通っていた年配組も若返ったようです」と喜びのあいさつ。来賓の日裏勝己町長、平尾潔司教育長、イルミネーションを施工した株式会社タカショーデジテック(海南市)の古澤良祐代表取締役社長、印南まちづくり基金を運営する公益財団法人わかやま地元力応援基金の有井安仁理事長、皆瀬川区の森口詠士区長がそれぞれ、今回のプロジェクトを機に真妻の一層の活性化に期待を寄せた。

 カウントダウンで関係者や地元の子どもらがイルミネーションにスイッチオン。校庭にある高さ32・6㍍のメタセコイアに1万個以上のLEDライトが一斉に点灯されると、来場者から「わーきれい」「すごい迫力」と感嘆の声が上がり、一定の時間ごとに青や赤、紫などと色も変化し、辺りは幻想的なムードに包まれていた。

 和歌山マリーナシティの光のフェスティバル「フェスタ・ルーチェ」のサテライト県内第1号でもあり、夏休み中とフェスタ・ルーチェの期間(11月2日から来年3月1日)の夜、点灯する。8月12日午後5時から記念イベントも企画している。

写真=メタセコイアにイルミネーションが点灯

関連記事

フォトニュース

  1. 昔はどの家でも作ったけどな

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る