スマート、AI農業先進地に

 日本一の梅の産地みなべ町担当となり、44歳にして初めて梅拾いを経験した。農家の息子として育ち、子どものころから手伝いをしたので畑仕事には慣れているつもりだが、初体験となると勝手が違うのと、加齢の影響は自分が思っている以上で、若いころのように体が動かないのが情けなかった。楽な仕事などないが、この梅がまちを支えているのかと思うと作業も誇らしく思え、コンテナがすぐにいっぱいになるとうれしくなる。同じ農業でも作る作物によって作業工程も生活スタイルも大きく違う。もっと効率よくできる方法はないかなど、考えるいい機会になった。

 ちょうど同じころ、うめ研究所が今年度から実証を始めたスマート農業を取材した。梅農家の作業省力化へ、ICTやロボットを活用する取り組みだ。例えばリモコン式自走草刈り機は、大きなラジコンカーをリモコンで操作して草を刈る。従来の人力の草刈り機は重労働だが、リモコン式なら女性や高齢者でも操作でき、作業効率化や人手不足解消にも直接つながる。いつかはお掃除ロボ「ルンバ」のようにAI搭載の草刈り機が自動で働く時代がくるだろう。「こんなのがあれば」という農家の思いは実用化へ向けて少しずつ前進している。

 少子化に歯止めがかからない日本では今後、すべての分野で人手不足はますます深刻化していく。中でも農業は高齢化率が高いといわれる。人材育成と合わせて、スマート農業、AI農業を取り入れていくことは必須になってくる。日高地方は果樹、野菜、米、ハウスとあらゆる形態の農業が盛んだからこそ、スマートやAI農業の全国先進地として、県を挙げて取り組んでいくべきではないか。(片)

関連記事

フォトニュース

  1. 思ったより簡単かも

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る