みなべ町 炭焼き職人希望者をネットで公募

 みなべ町は、特産である紀州備長炭を生産する技術者を育成しようと、県の今年度新規事業「Wakayama Love ドラフト」を通じて炭焼き職人1人を募集している。紀州備長炭は高い品質が全国で人気となっているが、産地のみなべ町では後継者の確保が大きな課題の一つで、やる気のある人材を県内外から募る。町も空き家の紹介などバックアップし、地域の伝統産業の継承に本腰を入れる。

 和歌山が誇る紀州備長炭はみなべ町の特産の一つだが、生産量は減少傾向にあるのが現状。生産者の高齢者化、原木の減少などが要因で、全国的にも高い評価を受けている製炭技術を継承するため、町備長炭生産者組合が中心となって後継者育成に力を入れることにした。

 町によると、備長炭の生産量はここ数年、220㌧前後で推移していたが、2017年度は約178㌧に減少。組合加盟の生産者は32人で、以前に比べて減少している。

 「Wakayama Love ドラフト」はインターネットで公募し、市町村が人材をスカウトする事業。みなべ町は「炭焼き職人、求む」として求人を出している。すでに数名が応募しており、26日に大阪で応募者と面談し、互いに条件などが一致すれば現地を見てもらうなどして、うまくいけば採用となる。

 みなべ町清川地内の町が所有する研修窯を使い、ベテラン製炭士から指導を受け、技術の習得に励んでもらう。住む場所は町が空き家などを紹介して支援することにしている。修業期間は少なくとも1年間必要で、一人立ちするまでの期間、生活するための貯えが必要となっている。

 ホームページの紹介コーナーでは、「製炭技術をプロの製炭者から学ぶことができ、技術習得後は独立して製炭業を営むことができる」「里山とともに生きる強い覚悟と里山に対する優しい思いやりが必要」などと、やる気のある人材を求めている。町では「将来、製炭業を営みたいと考えている人にはぜひ応募してほしい。やる気のある人が来てくれることになればうれしい」と期待を込めている。

写真=全国で人気が高い紀州備長炭の職人を育成する

関連記事

フォトニュース

  1. ファイト! 冷たい水の中をのぼってゆけ

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る