こだわりのコーヒーとハンバーグをぜひ!

 由良町衣奈の田村侑平さん(26)は、日高郡6町の創業支援事業計画に基づく特定創業支援事業の認定を受け、6日から地元にカフェ「Fitam(フィータム)」をオープンさせる。

 同事業は2015年から実施し、経営、財務、人材育成、販路開拓の講習を受けると、町の認定を受けて融資などで優遇されるという利点があり、同町では6人目となった。

 田村さんは衣奈出身で、大学卒業後、町内外の飲食店で働いているうちに接客業に興味を持つようになったという。今年5月下旬にカフェの創業を決意。衣奈海岸沿いの美奈都旅館に隣接する空き店舗(約70平方㍍)を借りるなど準備を進めてきた。特定創業支援事業の講習も、5月23日から6月25日まで4回にわたって受講して認定を受けた。

 店の名前の「Fitam」はスウェーデン語で「コーヒーを飲みながら楽しい時間を過ごす」という意味の「fika」と、苗字の田村から「tam」をとって名づけた。主にコーヒーとハンバーガーを提供。素材にこだわりがあり、コーヒーは苦みを抑えて飲みやすい味にブレンドした。ハンバーガーももっちりとしたパン生地に肉汁が出るうまみのあるハンバーグを挟んでいる。価格はコーヒーが500円。ハンバーガーが単品で850円で、2種類のセットメニューがある。

 店もこじんまりとしたスペースで、「お客さんと話せる距離にしたかった。海が見えるのもこの店舗を選んだ理由」とし、念願だったオープンに「衣奈に来てもらい、ワクワクするようなことを感じて帰ってもらいたい。1人でも大歓迎ですので、気軽に来店してください」と話している。

写真=「お客さんと会話ができる店に」と田村さん

関連記事

フォトニュース

  1. ちょっとのぞきに来てください

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る