Sテニスの魅力伝えたい

 ソフトテニスのゴーセン杯争奪ハイスクールジャパンカップの女子ダブルスで和歌山信愛の前本真弥選手(2年)=清流中出身=のペアが優勝に輝いた。前本選手は印南ジュニアで練習を始め、中学校でもソフトテニスを続け、高校では強豪の和歌山信愛に進学。1年生からインターハイ出場を決めるなど、実力を伸ばしてきた。ジャパンカップでは途中、危ない試合もあったものの粘り強さで勝ち残り、ついに優勝を手にした。数万人の登録がある高校ソフトテニス部員の頂点に立つ、快挙を成し遂げた。

 以前、ある関係者が「ソフトテニスは小中高と競技人口が多く、その中で優勝することは非常に価値があるにもかかわらず、マスコミに取り上げられることが少ない」と話していた。確かに硬式テニスのように世界的ではなく、オリンピック競技にもなっていないなどで、部活としては有名だが、スポーツとしてテレビなどで取り上げられることは少ない。ただことし春には日本初のプロ選手が誕生するなど、今後の盛り上がりは期待できる。

 スポーツとしての将来性も重要だが、長年ソフトテニスを取材してきて思うのは、選手の人間性の成長だ。小中高校生を中心に多くの選手を取材してきたが、中には態度が良くない子もいないことはなかった。ただ練習を重ねるにつれソフトテニスの技術だけでなく、礼儀や心、コミュニケーション力も鍛えられ、いつの間にかきちんとした受け答えができるようになっている。大学を卒業し、立派な社会人として活躍している選手もたくさんいる。

 ソフトテニスは競技としての魅力はもとより、心身を鍛え、豊かな人間性を育むスポーツであることを、今後も選手たちの活躍とともに伝えていきたい。(城)

関連記事

フォトニュース

  1. 丁寧、誠実がモットーです

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る