頼もしい「少年メッセージ」

 日高地方青少年育成県民運動推進委員連絡協議会主催、「少年メッセージ2019」日高地方発表大会を取材した。他の取材と時間が重なり、実際の発表は半分しか聴くことができなかったが、出場の中学生20人の原稿を読ませていただいた◆ありのままの自分自身とまっすぐに向き合う視点。家族や友達など身近な存在を深く見つめる視点。現代社会の世相や世界情勢、自分の生きる今の時代へと向けられる大きな視点。県大会に進出した2人を含め入賞は5人だったが、20人ともそれぞれに自身の考えを「メッセージ」として自分以外の人に伝えられるよう、しっかりと言葉をつむいでいた。携帯電話を巡る問題、性差別の問題、多発する犯罪の問題など、いまという時代の暗い面に注がれる、若い果敢なまなざしは頼もしい◆筆者は中学生だった頃、自分の考えたことを書く面白さを知った。モスクワ五輪ボイコット問題などがあり、世の中には理不尽なことが起こり得るとわかってきた頃でもあった。しかし自分の声を使って考えなどを表現することは大層苦手で、特に克服への努力をすることもないまま現在に至ってしまった。今も、人前で話をしてもほぼ何を言っているか分かってもらえないだろうと思う。演壇に立つ中学生がまぶしく見えた。優秀賞を受けた2人は「聴いてくれる人に、思いを伝えられたと思う」と笑顔を見せていた◆自分自身を取り巻く世界の有り様、その実情が少しずつわかり始める年齢である。理想と現実の差にも直面する。心身が急激に成長する年代、この時期に向き合った問題による葛藤が大きければ大きいほど、それを乗り越える力を自分のものにした時には心はより深く、広く、大きな器へと育っていくのではないだろうか。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. 傘差しや並進はせんといてね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る