頼もしい「少年メッセージ」

 日高地方青少年育成県民運動推進委員連絡協議会主催、「少年メッセージ2019」日高地方発表大会を取材した。他の取材と時間が重なり、実際の発表は半分しか聴くことができなかったが、出場の中学生20人の原稿を読ませていただいた◆ありのままの自分自身とまっすぐに向き合う視点。家族や友達など身近な存在を深く見つめる視点。現代社会の世相や世界情勢、自分の生きる今の時代へと向けられる大きな視点。県大会に進出した2人を含め入賞は5人だったが、20人ともそれぞれに自身の考えを「メッセージ」として自分以外の人に伝えられるよう、しっかりと言葉をつむいでいた。携帯電話を巡る問題、性差別の問題、多発する犯罪の問題など、いまという時代の暗い面に注がれる、若い果敢なまなざしは頼もしい◆筆者は中学生だった頃、自分の考えたことを書く面白さを知った。モスクワ五輪ボイコット問題などがあり、世の中には理不尽なことが起こり得るとわかってきた頃でもあった。しかし自分の声を使って考えなどを表現することは大層苦手で、特に克服への努力をすることもないまま現在に至ってしまった。今も、人前で話をしてもほぼ何を言っているか分かってもらえないだろうと思う。演壇に立つ中学生がまぶしく見えた。優秀賞を受けた2人は「聴いてくれる人に、思いを伝えられたと思う」と笑顔を見せていた◆自分自身を取り巻く世界の有り様、その実情が少しずつわかり始める年齢である。理想と現実の差にも直面する。心身が急激に成長する年代、この時期に向き合った問題による葛藤が大きければ大きいほど、それを乗り越える力を自分のものにした時には心はより深く、広く、大きな器へと育っていくのではないだろうか。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. おはよ~さ~ん

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

  1. 日高町第3回納涼夏祭り

    8月 25 @ 3:00 PM

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る