集団左遷 江波戸哲夫著 講談社文庫

ドラマ「集団左遷!!」のもう一つの原作、「集団左遷」。タイトルは同じですが、こちらは銀行業界ではなく不動産業界が舞台となっています。バブル崩壊直後という時代背景も今とは違い、そういう視点で見ると興味深いところも多いかもしれません。

物語 大手の不動産会社、三有不動産。バブルが弾けて業績は悪化の一途。副社長の横山は大規模なリストラを目論み、社の方針に逆らったり能力の低い社員50人をひとつの部署に集めた。新設されたその部署の名は、「三有不動産首都圏特販部」。バブル期にいわゆる「地上げ」を繰り返して手に入れた土地が、バブル崩壊後は売れなくなって価格は下がる一方。不動産不況の嵐が吹き荒れる中、首都圏で売れ残っている数多くの物件を売りさばくという難題がその50人に押し付けられた。売れなければもはや会社に居場所はない。

瀬戸際の彼らを率いる孤高のリーダーは篠田洋本部長、45歳。横山のたくらみを逆手にとり、会社を起死回生に導く業績を挙げようと奮闘するが…。

ドラマと違って、こちらにはコメディー的要素はなく、それどころか、主人公を悲劇的な結果が待っていることは冒頭からいきなり明かされます。目覚ましい活躍を見せる本部長がいかにして悲惨な道をたどるかが、読者の興味の焦点になるかもしれません。

ドラマで神木隆之介演じる滝川はこちらに登場。三上博史が「怪演」している悪役、横山もこちらのキャラですが、やはりというか当然というか、人物像はまったく違います。

映像化された原作を読む楽しみは、まず読んでから、制作者の視点になって映像作品をチェック。「自分ならこうするのに」という目でみるのも楽しいです。ちなみに10年前、柴田恭兵主演で映画化もされています。

関連記事

フォトニュース

  1. 被害防止へともに頑張りましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る