防犯重視で失われる地域との交流

 散歩していると、見ず知らずの子どもから「おはようございます」「さようなら」などと、あいさつされることがある。取材で学校などを訪れても、児童らが気さくに近寄って来て話しかけてくれることもある。とても気持ちがいいし、すがすがしい気分にさせてくれる。こうした行為は人間性を育み、礼儀やマナーを身に付けるのだろう。学校と地域社会のつながりを深めることにもなる。

 2001年に発生した大阪教育大学付属池田小学校の事件から全国的に教育方針が変わった。事件前は「地域に開かれた学校」を目指していたが、事件後は安全対策を重視する「閉ざされた学校」へと向かいつつある。近年、子どもたちが狙われる事件が相次いでいる現状では、やむを得ない部分もあるかもしれない。それが世界水準でもあり、日本のように小さな子どもたちがランドセルを背負って通学するのは外国人から見ると驚くそうだ。

 先月末には川崎市で登校中の児童らが刃物で襲われるという事件が発生した。わずか十数秒の犯行だったが、小学6年生の女児と外務省の男性職員の2人が死亡、18人が負傷した。現場には教頭もいたが、いきなりの出来事でどうすることもできなかったのだろう。

 「日本は平和ボケしている」。よく耳にする言葉だが、防犯対策を重視することで失われることも多い。川崎市の事件で、あえて対策を挙げるとすれば、保護者が家から学校まで外部の人と触れずに車で送り届けることぐらいしかないのではないか。それは地域とのつながりを希薄にさせ、子どもたちの声も地域から遠ざける。悔しいが、この先、「地域に開かれた学校」を目指すことはあり得ないのかもしれない。(雄)

関連記事

フォトニュース

  1. 由良のミカンも使ってます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る