銀行支店長 江波戸哲夫著 講談社文庫

 TBSの人気のドラマ枠、日曜劇場。現在、福山雅治主演で放映中の「集団左遷!!」原作小説をご紹介します。このドラマの原作は2冊。2本の長編を一つに組み合わせ、なおかつそれをコメディー化するという離れ技が行われています。
 まずは、主人公の設定を踏襲している「銀行支店長」から。
 物語 大手の都市銀行、三友銀行新川支店の支店長を務める片岡史郎。新川はバブル期に立ち上げられた支店で、そこで800億円という無茶なノルマを見事達成した手腕を誇る。が、バブルが弾けてからは業績も右肩下がり。なんとか持ち直そうと顧客を広げるよう奔走している矢先、副頭取に呼び出され、「飯田橋支店」への異動を命じられた。
 三友は数年前に大昭和信用金庫を吸収合併したが、かつてその大昭和の本店だった店だ。三友系行員は大昭和系を陰で「難民」と呼び、大昭和系の多い支店を「難民キャンプ」と揶揄している。大昭和系の行員は三友系の行員に反感を持っており、飯田橋支店はなかなかうまく治まらず業績も上がらないという。
 片岡は、飯田橋に現在いる三友系の行員5人をみんな本部に戻してもらい、自分の腹心の部下2人だけを連れて乗り込んで行くことにした。
 飯田橋支店の次長は真山徹、大昭和系の中心人物。がっしりした体つきで、銀行員というよりは建設会社の現場監督のようだ。
 1000億円という、本社から課せられた預金残のノルマを巡って、早速片岡と真山は対立する。是が非でも達成しようとする片岡、無理なことは無理だと頑張る真山。真山の大口得意先、田口るみビューティサロンが新しい機械導入のため11億円の大口融資を求めており、片岡は契約へせっつくが真山の動きが鈍い。「あそこは信用できない」というのを無理に進めて契約寸前にこぎつけるが、週刊誌にビューティサロンのスキャンダルが掲載され…。
 原作とはいいながら、2作ともドラマとはまったく違う展開。コメディーになっているのは、同じ日曜劇場の大ヒット作、池井戸潤原作「半沢直樹」との差別化を図っているのかなと思いました。
 現在第4話まで放映されているドラマでは、福山雅治が「頑張れ」を連発して空回り気味の片岡支店長をコミカルに熱演。
 小説の方の主人公片岡は、非協力的な部下に囲まれ、家では娘の不登校という悩みを抱えながらも、怒涛のように押し寄せる難問に必死で立ち向かっていく「できる男」としてカッコよく描かれています。
 ドラマの脚本は、いずみ吉紘氏。数年前に「デス・ノート」のドラマ版を手がけた人物なので、手腕をどう発揮してくれるか楽しみに見ています。

関連記事

フォトニュース

  1. 先輩、ありがとうございます!

写真集

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  2.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
  3.  6月19日は桜桃忌。芥川龍之介の河童忌、司馬遼太郎の菜の花忌ほど有名ではありませんが、太宰治の命日…
  4.  銀行に7年間勤務した経験を持ち、「半沢直樹」「陸王」「ルーズヴェルト・ゲーム」など人気ドラマの原作…
  5.  幅が狭く、カーブが続き、前から車がくればすれ違うこともできず、一つ間違えば谷底に転落してしまう…。…
ページ上部へ戻る